助成金について

栃木市空き店舗活用促進事業補助金のご案内

空き店舗の活用促進による商業活性化を支援するため、指定区域内の空き店舗を活用する方を支援します。

事業概要

創業準備期・創業時における店舗の改装費及び賃借料、創業初期における経営向上を図るための専門家相談に係る経費の一部を補助します。

空き店舗の要件

3カ月以上使用されていない店舗で、地上1階に位置するもの

補助対象者

次のどちらかに該当し、地域の商店会・商工会・商工会議所へ加入されている方

  1. 中小企業者又は市内で過去1年間、店舗経営の経験がない新規開業者で、新たに空き店舗を活用して小売業、飲食業、サービス業を営む方
  2. 法人格を有するまちづくり団体又は営利を目的としない団体(10人以上で構成されるもの)で、空き店舗を利用して地域課題の解決に寄与する事業を行う方

対象地域

  1. 栃木地域:(歴史的町並み景観形成地区 蔵の街大通り付近、嘉右衛門町例幣使通り沿い)
  2. 大平地域:(富田地区中心市街地商業振興会エリア)
  3. 西方地域:(金崎商店会エリア)

※ 詳細につきましては、お問い合わせください。

補助内容

対象経費 補助内容 補助率等
改装費 店舗の改装費(天井、壁、床等の内装及び店舗の塗装、看板など) 補助対象経費の1/2(上限100万円)
家賃 店舗の家賃 営業開始から12か月分の家賃の1/2(上限50万円)
専門家相談費用 専門家へ謝金(営業開始から1年間まで) 1回当たりの相談費用の1/2(上限1万6千円、5回を限度)

提出書類

  • 申請書類(市指定)一式
  • 営業許可証の写し(許可が必要な業種の場合)
  • 店舗の賃貸契約書の写し
  • 対象経費の金額が分かる見積書の写し
  • 市税完納証明書の原本(法人の場合は法人及び代表者)
  • 位置図
  • 商店会等の入会金、年会費の領収書の写し
  • 専門家との契約書又は見積書の写し 等

対象となる業種

  1. 小売業(百貨店・総合スーパーを除く)
  2. 飲食業(料亭、酒場、ビアホールなど飲酒業は除く)
  3. サービス業(広く集客の見込めるもの。ただし遊戯業は除く)

※ 事務所、風俗業は対象外です。

店舗改装費の補助範囲(主なもの)

補助対象になるもの

  • 天井、壁、床等の内装及び塗装(畳、襖、障子の張り替えも可)
  • 内装工事に付帯するコンセント及び照明取付用配線工事等の電気工事
  • 店舗の塗装及び店名の看板等の外観工事
  • 建物に作り付けのカウンター及び陳列棚の設置

対象にならないもの

  • 店舗設備(厨房、冷暖房、什器類等)
  • 建物自体の強化
  • 従前の店舗使用者または店舗所有者の残存設備の撤去費用
  • 引っ越し費用、退店の際の撤去費用その他雑費

※ 上記以外のものにつきましては、お問い合わせください。

お問い合わせ

栃木市役所 商工観光課 :
Tel. 0282-21-2508
※ 電話番号クリックで電話がかけられます。